1986年公開。トニー・スコット監督。「トップガン マーヴェリック」が世界中で公開され、日本でも大ブームとなりましたが、その感動は実は「トップガン」あってこそなのです。

「トップガン」を観てない人にも感動をあたえている、つまり「トップガン マーヴェリック」の中に「トップガン」が入っているのです・・。

あらすじ

アメリカ海軍が設立したエリートパイロット養成所「トップガン」にやってきたマーベリック(トム・クルーズ)やグースをはじめとするトップクラスの男たちは、実戦さながらの厳しい訓練に明け暮れる。

女性教官チャーリーとの恋やライバルのアイスマン(バル・キルマー)との激突、そして訓練中の事故によるグースの死を経て、成長していくマーベリックは、やがて敵ミグ戦闘機との実戦に出撃する。映画.com

感想

いま思えば、やはり「トップガン」は名作だったのだ、と思わざるを得ません。

「マーヴェリック」の随所に「トップガン」の名シーンが再現されており、もうこれは続編というより再現ドラマです。

さらにエンドロールでトニー・スコットに捧げるという文字が出ると、なんだかジーンとしました。

トニー・スコット監督はリドリー・スコット監督の弟さんとして知られていますが、いい作品もたくさん残しています。特に「クリムゾン・タイド」は潜水艦映画の名作だと思います。

そんなトニー・スコット監督の出世作「トップガン」ではできなかった、戦闘機を使ったリアルなシーンがこれでもかと出てくるのが「マーヴェリック」。

トニー・スコット監督がやりたかったけどできなかったであろう映像が、この時代にようやく完成できた。それも主演のトム・クルーズの主導で、ということですね。

「マーヴェリック」を観た後に、原点に立ち戻ろうともう一度トップガンを観てみました。

女性たちの昔のファッションが綺麗だな、と思ったのと、トム・クルーズはこの頃からオーラが凄い、と気づかされたこと。

そして、「マーヴェリック」で再現されていたオープニングの空母のシーンとトムが乗るKAWASAKIのバイクのシーンで鳥肌が最高潮。

こんなふうに何十年後かに名作であることが発掘されることもあるのだなと、感心いたしました。