2010年 アンジェリーナ・ジョリー主演、痛快娯楽スパイ映画の決定版。
ソルト (字幕版)

あらすじ

イブリン・ソルト(アンジェリーナ・ジョリー)は、接近戦を得意とし、爆薬の知識が豊富な凄腕のCIA諜報員。あるときロシアからの亡命者オルロフを尋問中に、彼が放った一言「イブリン・ソルトは二重スパイだ。」によって
当局に追われる身となる。

しかしイブリンは素早い洞察力で無数の追っ手を振り切り、なんとか自宅に戻るが、彼女の夫は拉致されていた。

そしてそれからのソルトの動きは、何故かたまたまアメリカ副大統領の葬儀で来日中のロシア大統領を狙うように、追っ手を振り切り葬儀会場に向かう、不可解なものだった・・。




感想

「やはりそうだったのね」、のあとに「ええ?そうだったのね」となる、スパイ映画の鉄板の展開。アンジーも元気で格闘技を披露し、美しい。

娯楽映画の楽しめる要素が全部そろった作品。アンジー以外ではこの役はやってほしくないし、ソルトはアンジーそのものです。アクションができて、美しい謎の女になれる、なかなかいない女優さんです。

映画は最初から最後までノンストップで、余計なことを考えず、終わってからも何も考えなくていい、本当の娯楽作品。

もやもやした時に見ると、さっぱりするんじゃないでしょうか。
いやなことがあった日にお勧めのアクション映画です。


人気ブログランキング