2019年 神木隆之介、浜辺美波、中村倫也。星の数は少ないのですが、このアホみたいな世界観、クセになりそう。




あらすじ

ミステリー小説オタクの大学生・葉村譲(神木隆之介)は、先輩でミステリー愛好会会長の明智恭介(中村倫也)に振り回され、ホームズとワトソン気取りで学内の瑣末な事件に首を突っ込んでいた。

同じ大学に通い、私立探偵の顔も持つ剣崎比留子(浜辺美波)は、2人に音楽フェス研究会の夏合宿への参加を持ちかける。実は比留子のもとには「今年の夏合宿で何かが起こる」との犯行予告が届いていたのだ。

夏合宿がおこなわれる山奥のペンション紫湛荘へと向かい、3人は研究会のメンバーと合流する。そしてその夜、密室状態となった紫湛荘で惨殺死体が発見され……。映画.com

感想

これがどういうカテゴリにはいる映画かというと、ライトなホラーコメディ?

荒唐無稽という言葉があり、この作品はまさにそれに尽きるのですが、それでも面白さに魅入ってしまうという不思議な作品でした。

浜辺美波が可愛いから、という理由だけで見始めたダンナの横で、ぼーっと観ていたら、だんだん面白くなって、ワクワクしてきたという。

ゾンビというものの存在が、普通に受け入れられる世界での密室殺人ミステリ。肩が凝らないにもほどがありますが、これはこれで有りです。

せっかくだからもっと予算をかけて、大々的にバカバカしく続編を作ってほしい。

でもちゃんとミステリのセオリーは崩さず、大真面目に謎解きをするという骨格はそのままで。

期待しないで期待します。