2021年 巨匠リドリー・スコット監督が、ファッションブランド「GUCCI(グッチ)」の創業者一族の崩壊を描いたサスペンスドラマ。

あらすじ

サラ・ゲイ・フォーデンのノンフィクション小説「ハウス・オブ・グッチ」を原作に、グッチ一族の確執と3代目社長マウリツィオ・グッチ暗殺事件を描き出す。

1995年3月27日、GUCCI創業者グッチオ・グッチの孫にあたる3代目社長マウリツィオが、ミラノの街で銃弾に倒れた。

犯人の特定が難航する中、犯行を指示した驚きの黒幕が明かされる。映画.com

感想

レディー・ガガは凄い。

もちろん、世界的アーティストであることは間違いなく、そもそも凄い人だとは思っていました。「アリー/スター誕生」や、バイデン大統領の選挙演説のとき、そして何よりあの並外れた歌唱力。どれをとっても凄いという言葉しか浮かばない人なのですが・・

まさか映画の主演女優としてこれほど存在感を放つとは。

この映画は、実話をベースにしており、グッチ一族の華麗なる暮らしとファミリーの確執が描かれていきます。

ただでさえ庶民からすると興味深い世界であり、演じているメンバー(アル・パチーノ、ジャレッド・レト、アダム・ドライバー、ジェレミー・アイアンズ等々)もそうそうたるもの。

そこに登場したレディー・ガガ演じるマウリツィオ・グッチの妻パトリシア。時に可愛らしく、時に恐ろしく、迫力もあり、「眼」のインパクトがすさまじい。

とにかくパトリシアが出てくるシーンが楽しくて仕方ない。今度は何をしでかすのか、そしてどんな素敵な衣装で出てくるのか、わくわくしてしょうがないのです。

あれだけの名優たちの演技を、全て持って行ってしまうガガはただものではない。

無論、そこへ行き着くまでの努力も並大抵ではないのでしょうが、そこへ行きつくことができる、数少ないひとりです。

さらに、リドリー・スコットも当然ですがただものではなかった。公開時83歳ですが、衰えを知らないですね。

映画の面白さの決め手は「編集」だと思っていますが、あの鮮やかな場面の切り替えは素晴らしい。当然編集の担当の人がいるのですが、全部含めて監督の仕事と思っています。