2018年 ドイツ映画。かずかずの映画賞を受賞しています。原作は短編小説と聞いておどろき。そして、東ドイツってこうなんだ、とこれまたおどろき。




あらすじ

ライプツィヒ近郊の田舎町に建つ巨大スーパー。在庫管理係として働きはじめた無口な青年クリスティアンは、一緒に働く年上の女性マリオンに恋心を抱く。

仕事を教えてくれるブルーノは、そんなクリスティアンを静かに見守っている。少し風変わりだが素朴で心優しい従業員たち。

それぞれ心の痛みを抱えているからこそ、互いに立ち入りすぎない節度を保っていたが……。映画.com

感想

その昔イオン系でアルバイトした時の、従業員の人たちやバックヤードの雰囲気って確かにこんな風にけだるかったな、ということを思い出しました。

お互いに立ち入らず、一見仲が悪そうで、でも実はちゃんと「人情」が存在していた。これはオフィスでの人間関係とはちょっと違う、独特な世界だということが、わかるひとにはわかります。

そんな中で再生していく青年クリスティアン。体に刺青があり、かつては悪い仲間と付き合っていた彼でしたが、そういう生き方を変えていこうという思いで仕事に就き、そして年上の人に恋をし、仲間との交流の中で、本当に再生していく様子が描かれています。

原作は「通路にて」という短編だったそうです。よく引き延ばしたなあ。だけど巨大ショッピングセンターの通路を行き来する夜のフォークリフトは、それの動きを見ているだけでどこかグッとくる。

フォークリフトを真っ直ぐに操作すること自体がかなり難しいようなのですが、やがて真っ直ぐに動かせるようになる・・このことがまさに、人生の再生のようです。