2019年 佐藤健主演。重いテーマながら、明るい光が差してくるのに救われます。




あらすじ

タクシー会社を営む稲村家の母こはる(田中裕子)が、愛した夫を殺害した。最愛の3人の子どもたちの幸せのためと信じての犯行だった。

こはるは子どもたちに15年後の再会を誓い、家を去った。運命を大きく狂わされた次男・雄二(佐藤健)、長男・大樹(鈴木亮平)、長女・園子(松岡茉優)、残された3人の兄妹は、事件のあったあの晩から、心に抱えた傷を隠しながら人生を歩んでいた。そして15年の月日が流れ、3人のもとに母こはるが帰ってきた。映画com

感想

「虎狼の血」の白石和彌監督。桑原裕子の舞台作品の映画化です。非常に重く深いテーマを扱っており、確かな答えが出ないものの、明日へ向かう兆しを見せて物語が終わります。

主役は佐藤健ですが、どうみても田中裕子の世界。彼女のテンポ、彼女の色に映画全体が染まっています。

ただしかし佐藤健はあるときにふと凄い目力を発揮することがあり、

それはこの作品のクライマックスでもありました。特に演技巧者ではないのに主役俳優として花開いたのは、あの目を持っているからではないかしら。

1つだけ残念なところは、こはるの心情のもっと深いところを描写してほしかったこと。

夫を殺害するに至ったその苦しみと、そのあとの安らぎの15年間と、そして今帰ってきて直面する新たな問題と・・。

3人の子供たちに焦点を当てている、ということから母親側の描写が浅いのかもしれませんが、母親の心というのは、子供には全く計り知れないぐらい深いものです。

そうかと言ってこどもの苦悩も、親にはうわべしかわからぬもの。

親と子というのは、完全には分かり合えない。だけど・・

この映画の主題は、ポスターの画像に現れているように見えます。
それは家族がみな同じ方向を見ている・・ということです。