1997年 イーサン・ホーク主演。カルト的な人気のある近未来SF。イーサン・ホークが若い。

あらすじ

遺伝子操作で生まれた“適性者”が社会を支配する近未来。自然出産で誕生したビンセント(イーサン・ホーク)は、“不適正者”として冷遇される人生を歩んでいた。

彼は幼い頃から宇宙飛行士を夢見ていたが、それは適性者のみに許される職業だった。ある日、ビンセントはDNAブローカーの仲介で、下半身不随となった元水泳選手ジェローム(ジュード・ロウ)の適性者IDを買い取る。

ジェロームに成り済まして宇宙局「ガタカ」に入社したビンセントは、努力の末についにタイタン探査船の宇宙飛行士に選ばれるが……。映画.com

感想

近未来を描いたSFヒューマンドラマ。主人公は遺伝子操作で生まれた「適格者」ではなく、まったく普通の人(それを非適格者と呼ぶ怖さ)ですが、宇宙に行きたいという夢を持っている。

どう考えてもこんな「格差」はひどい制度ですが、しかしあながち無くはないなとも思わせます。

それにしても映像はきれい。出て来る主要な登場人物もきれい。未来なのに血液を採らないと認証できないというのが古くさいですが、採血シーンはストーリーに緊張感をもたらす効果があると思いました。

また、イーサン・ホークが同情をそそるような必死の表情で、しかも追いつめられるとだんだんいい顔になってくるところに、より一層引き込まれます。

この映画のように、「どうなるんだろう」と思わせるところがドラマの脚本の基本的な魅力です。どんなにきれいな映像でも、うまい演技だとしても「どうなるんだろう」というストーリーがなければ、魅力的な映画にはならないと私は思います。それは映画の古い・新しいは関係ありません。

ガタカが傑作と言われるゆえんは、スタイリッシュな近未来の映像美だけでなく、まずは骨格であるストーリーがちゃんと面白いというところにあると言えます。

また、信じられないほど若く美しい若者のイーサン・ホークやジュード・ロウ、イーサンとこの後結婚するユマ・サーマンを堪能できるのも見どころの一つです。

だれでも年を取るものですが、過去の作品で顕著な変化を確認できてしまうのは、残酷でもあり、観客にとっては楽しみでもありますね。