1997年 デビット・フィンチャー監督 これは監督の「遊び」とも言える、唯一無二の作品。

あらすじ

投資家として成功したものの、離婚後、孤独な毎日を送っていたニコラス(マイケル・ダグラス)は48歳の誕生日に弟コンラッド(ショーン・ペン)に再会し、CRSという会社のゲームの招待状を受け取る。

ニコラスは好奇心からそれに参加するが、その時から奇妙で不可解な事件が続発。命まで危機にさらし、そのあげく財産や邸宅まで奪われることに……。映画.com

感想

こんなことあり得るか?という声が、まずは出るでしょう。実際ありえないお話です。

しかし遊び心で観る映画だと思ったら、そうきたか、と納得することでしょう。心が柔軟な方はきっと絶賛されるのではないでしょうか。

主人公マイケル・ダグラスのハイソでラグジュアリーな雰囲気がこの映画の大切なポイントでした。

この人がどんなことになるのだろう、想像できないなと思いつつ物語が進みます。

カーク・ダグラスという大俳優の2世であるマイケル・ダグラス。主人公の生い立ちとリンクする部分もありキャスティングの時点でこの映画は半分成功していたと言えるでしょう。

斬新なストーリー、あっと驚く展開。まったく新しいジャンルの映画のようですが、だからといって同じような映画はもう2度と作れない。これはオンリーワンの作品です。

フィンチャー監督の狙いはそこだったかも。ミステリーやアクションとは少し違う、これは唯一無二の映画ではないかと思います。