2018年 インドのムンバイで2008年に起きた同時多発テロの一つ、タージマハル・ホテルに焦点をあて、500人以上の人質たちと、その命を守ろうとするホテルマンの姿を描いています。




あらすじ

2008年11月、インドを代表する五つ星ホテルが500人以上の宿泊客と従業員を人質にテロリストによって占拠された。

宿泊客を逃がすために、プロとしての誇りをかけてホテルに残ったホテルマンたち。部屋に取り残された赤ちゃんを救出するため、決死の覚悟で銃弾の中へと向かう父と母。

テロリストたちに支配される極限の状況下で、特殊部隊の到着まで数日という過酷な現実を前に、人々の誇りと愛に満ちあふれた脱出劇が描かれる。映画.com

感想

怖い映画だ、と思って躊躇していましたが、ようやく鑑賞。確かに恐ろしい内容でしたが、大変見ごたえある力作でありました。

富裕層が訪れるホテルの絢爛豪華な様子から始まり、悲惨な事件へとゆっくりと動き出します。

息詰まる展開、一時も目を離せないまま終盤を迎え、人々がようやく外に出られた瞬間、こちらも安堵して涙が出てくるほどでした。

姿を見せない何者かに指示されていたテロリストたち。彼らにも貧しい家族があり、ホテルに入ったときにその豪華さに呆然とし、客室の水洗トイレさえ初めて見た様子をうまく描写しています。

また、ホテルマンたちが必死にお客を守ろうとする様子にも感情移入がしやすく描かれ、胸を打たれます。

それにしても、これが事実に基づいているかと思うと、背筋が凍るほど怖いです。

だけど本当に怖いのは、この事件について日本人はほとんど知らないという、そのことですね。